電気火災対策

電気火災対策として感震ブレーカー設置をお勧めします。 感震ブレーカーは大きな揺れを感知すると電気の供給を自動的に遮断するブレーカーです。 地震発生直後に可燃物が電気器具に接触し発生する火災や停電復旧時の通電による電気火災対策の有効手段となります。 簡易タイプとの大きな違いは地震の影響で破損配線や家電製品が引き起こすショートを感知し電気を遮断します。